戻る

科 目 名  国際政策課題演習T:森田
担 当 者  森田 玉雪
開 講 期 集中 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 国際経済に関する先行研究を読み解くことを通じて、基礎的な理論を身に付けるとともに、実態面についての理解を深めるディスカッションを行う。
 
 学士力:「能動的実践力」「専門的問題解決能力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 国際経済の現状や課題を理解している。
 論文の書き方を身に付けている。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自らの思考や判断を明確に伝えることができる。
 (態度・志向性)
 積極的に研究を進め、後期の国際政策課題演習Uにおいて、論文を完成させることができる。
【授業内容】
 ブレインストーミング・ディスカッションを重ねて研究テーマを決定し、先行研究の報告を行う。
【教育方法】
 ディスカッションと先行研究の読み解きを通じて自身の研究内容への理解を深めるとともに、他の学生の研究内容についても知識を得る。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 報告内容に関する知識・理解度 20%
 期末レポート 20%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 報告内容に対する見解の独自性 20%
 (態度・志向性)
 他の学生の報告に対するコメントの積極性 20%
 授業への貢献度、報告への取組姿勢 20%
 
【必携図書】
 井下 千以子(2014)『思考を鍛えるレポート・論文作成法(第2版)』慶應義塾大学出版会 1296円
【参考図書】
 各自のテーマに関連する図書や論文を必要に応じて指定する。
【履修上の注意】
 アカデミックスキル演習T、Uで学んだ内容を活かすように心掛けること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 毎週、研究のために一定の時間を割いてください。自分の考えや意見を授業内で積極的に出してください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る