戻る

科 目 名  国際政策課題演習T:箕浦
担 当 者  箕浦 一哉
開 講 期 集中 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
  地域政策等についての諸問題の探求および調査研究の方法についての学習をゼミ形式で進め,卒業研究につながる基礎的能力と態度を養成することを目的とする。
 学士力:能動的実践力
【到達目標】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 個人の研究テーマを設定し,そのテーマに関する基礎的な知識と研究方法について説明することができる。
【授業内容】
  受講生が各自のテーマについてフィールド調査や文献調査により研究を進める。毎週のゼミにおいて発表担当者に研究結果を発表してもらい,討論を行う。随時,大学生活や進路等に関する意見交換も行う。また,後期に向けた研究計画を作成する。
  1.イントロダクション
  2.研究の中間報告
  3.研究の中間報告
  4.キャリアと就職活動を考える
  5.キャリアと就職活動を考える
  6.文献講読
  7.文献講読
  8.研究の中間報告
  9.研究の中間報告
  10.文献講読
  11.文献講読
  12.研究の中間報告
  13.研究の中間報告
  14.研究の中間報告
  15.ふりかえりと展望
【教育方法】
 2020年度は感染症対策のためGoogle Classroomをベースとして遠隔授業を実施する。
 ClassroomとMeetによって同時双方向の通信をおこなう。
 
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業における発表・発言等により評価
【必携図書】
  授業中に適宜指示する。
【参考図書】
  授業中に適宜指示する。
【履修上の注意】
  「環境社会学」を履修すること。また,「生活環境論」も履修することが望ましい。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  ゼミ形式の演習は,教員と学生が一緒に作り上げるものです。積極的な参加を期待します。  関連サイト

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る