戻る

科 目 名  国際理解演習(中国・台湾)16カリ
担 当 者  平野 和彦
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

4

時 間 数

60

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 国際感覚を身につけ、世界各地域の社会と文化に関する理解を深めるための演習(学部共通の科目)。受講生は中華文化圏についての興味や関心をテーマ化して、実際に現地でそのテーマについて調査し、台湾の歴史、に触れて、中華文化に対する理解を深める一端を経験することが目的であり、自身の日本観や世界観を養う基礎を形成するための基礎的海外研修である。
【到達目標】
 (知識・理解)
 台湾の社会に直接接し、台湾華語または日本語・英語を使って、現地で活動ができ、調査結果を分析する能力を身につけることができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 台湾での調査結果を理解し、台湾の歴史・華人社会の複雑な背景について自らの体験的視点を得て的確にレポートをまとめ、発表することができる。
 (態度・志向性)
 積極的な行動によって台湾理解を深め、中華社会に柔軟に接して今日的課題に対応できるよう多くのことを吸収できる。
【授業内容】
 1、授業ガイダンス。
 2、台湾社会の現状。
 3、台湾の歴史@スペイン時代。
 4、台湾の歴史A中国明朝鄭成功時代。
 5、日本時代。
 6、国民党時代。
 7、民進党時代。
 8、渡航準備について。
 9、台湾での山梨県紹介ppt作成@
 10、台湾での山梨県紹介ppt作成A
 11、台湾での山梨県紹介ppt作成B
 12、台湾での山梨県紹介ppt作成C
 13、台湾での山梨県紹介ppt作成D
 14、発表練習@
 15、発表練習A渡航目的調査目的について提出。
 【台湾渡航】
 3月第1週の日曜日に出発予定。
 @羽田空港集合(エバー航空)ー台北松山着(高鉄・新幹線で移動)ー高雄着(エバー航空)ー羽田空港帰国・解散。このルートで110日間から2週間程度台湾に滞在する。
 A台北では、淡江大学、天主教輔仁大学、台北士林社区大学(コミュ二ティカレッジ)での学生間交流を行う。
 B高雄では国立高雄大学での学生交流を行う。
【教育方法】
 1、台湾の置かれた現在の状況と社会背景を講義する。
 2、台湾の気候や地理的理解を深める。
 3、台湾の歴史を理解する。
 4、授業内容に沿って受講者全員で発表や討論を行いながらプレゼンテーション方法を学ぶ。
 5、山梨県の何をどのようにプレゼンするかから始め、グループに分かれて担当を決める。
 6、グループごとの担当部分を制作。
 7、集約して全体の統一感を決める。
 8、発表練習を行う。相手は日本語学習者ではあるが、どのように発話しどのように伝え、ポインターをどう使うか、どのように日本語ひらがなでのルビをふるか、画像の配置をどうするかなどを学ぶ。
 9、ppt作成は全員で協力して行い、渡航前の交流とグループの意思疎通、団体行動の基本を学ぶ。
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業に臨む姿勢、出席状況、台湾理解に積極的に臨む姿勢。(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 渡航前の授業に臨む姿勢、出席状況、現地での学生交流の主体性。(30%)
 (態度・志向性)
 海外での行動、態度、学生間交流を通した国際理解に関する帰国後のレポート。(30%)
【必携図書】
 特に必要なし。必要に応じて資料配布を行う。
【参考図書】
 授業時に指示。
【履修上の注意】
 履修条件:
 ※台湾グルメの旅行ではない。グルメばかり食べ歩いていると研修期間の体調管理は無理である。同行教員はその種の問題には、現地では一切関知しない。
 ※共通教育科目の中国語または学部専門科目の履修が望ましい。
 ※ただし、特に中国語科目の履修を絶対条件とはしない。台湾の日本語教育の現場や台湾の学生との交流希望者の参加は認める。
 ※中国語現地演習とは異なり、台北市内、高雄市内の中心部ホテルに宿泊する予定なので、男女ともに偶数人(ツイン)が望ましい。履修開始時のレポート提出によって履修を認めない場合がある。
 ※授業内容以外は、特に現地の調査は国内の授業時間内に決めたコースについて各自目的を決めて市内調査をする。グループ行動を基本とする。
 ※台北市内では、特に観光地では日本語、英語でも通じる場合がある。
 ※観光サイトや雑誌で台湾グルメ、観光地の紹介などを参考にするのは構わないが、大学訪問は団体行動、それ以外はグループ行動を基本とする。
 ※プレゼンテーションの授業に出席しておくことを勧める。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ※渡航二週間は、台北市内中心部のホテルで9泊、高雄市内の中心部のホテルで4泊の予定であるが、過去の例から見ても、台北市内の9泊は長すぎるので、ここを7泊程度にして、高雄4泊など全行程11泊もあり得る。
 ※全行程二週間の場合、全行程の費用は航空券往復も含めて約16万円。全行程10日前後の場合は、12-13万円程度。お小遣いや海外旅行傷害保険加入費用は別。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る