戻る

科 目 名  基礎演習T(国コミュ):張
担 当 者  張 兵
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 大学での学習において必要となる自発的な学習態度を養成することを目的とする。資料収集の方法、報告要旨の書き方、発表の仕方、レポートの作成、議論の仕方などを指導することによって論理的な思考能力を養う。また、国際コミュニケーションに関する諸問題を具体的に提示し、教員による問題提起や受講者同士の話し合いを行うことによって、各自がどのような問題意識や見通しをもって大学で学ぶのかを、啓発する。話し合いや個別指導を効果的なものにするために、学科教員が分担して、5クラス開講する。
 
 学士力:国際政策教養力
【到達目標】
 (知識・理解)
 大学とは何かについて知る。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポートの書き方とプレゼンテーションの仕方を身に付ける。
 (態度・志向性)
 キャリア意識を持つとともに、それに向けての学びの方向性について考える。
【授業内容】
 大学の4年間で必要となる考え方や技術について議論や実践を通じて身に付ける。
 1.大学で学ぶということ
 2.大学でのノートのとり方
 3.図書館の利用
 4.図書館ツアー
 5.インターネットでの資料検索
 6.現場で調べる
 7.コミュニケーション力をつける
 8.レポートを書くには
 9.レポートのテーマ設定から構成まで
 10.プレゼンテーションとは
 11.プレゼンテーションの準備
 12.プレゼンテーションの実施
 13.プレゼンテーションの評価
 14.学生生活をデザインするために
 15.まとめ
【教育方法】
 遠隔授業(同時双方向型)で実施する。
 『学びの基礎を探る』を読み、議論する。
 プレゼンテーションを行い、議論する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 遠隔授業を通じて評価する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 遠隔授業を通じて評価する。
 (態度・志向性)
 遠隔授業を通じて評価する。
【必携図書】
 『学びの基礎を探る』(配布)
【参考図書】
 授業の中で適宜紹介する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る