戻る

科 目 名  基礎演習U(国コミュ):兼清
担 当 者  兼清 慎一
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 この演習は、「国際コミュニケーション基礎演習T」に引き続き、大学での学習において必要となる自発的な学習態度を養成することを目的とする。
 「国際コミュニケーション基礎演習U」では、国際コミュニケーションに関する諸問題について、学生自身が自発的に調査研究を試み、その成果を発表し合い、意見交換を行うことによって、探究力や思考力を養う。 意見交換や個別指導を効果的なものにするために、学科教員が分担して、5クラス開講する。
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 「研究」の重要性を理解できる。
 「構成」という概念を理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 「研究」の重要性を理解できる。
 「構成」という概念を理解できる。
 (態度・志向性)
 文字を読むこと、書くことを厭わなくなる。
【授業内容】
 ※ 学生の関心や希望に応えたいため、授業内容、授業方法は、変更になる可能性があります。
   その場合は、変更の趣旨とねらいを説明します。
 
 第1回 資料/文献/コンテンツの読み込み
 第2回 課題・制作物の発表・討議
 第3回 資料/文献/コンテンツの読み込み
 第4回 課題・制作物の発表・討議
 第5回 資料/文献/コンテンツの読み込み
 第6回 課題・制作物の発表・討議
 第7回 資料/文献/コンテンツの読み込み
 第8回 課題・制作物の発表・討議
 第9回 資料/文献/コンテンツの読み込み
 第10回 課題・制作物の発表・討議
 第11回 資料/文献/コンテンツの読み込み
 第12回 課題・制作物の発表・討議
 第13回 資料/文献/コンテンツの読み込み
 第14回 課題・制作物の発表・討議
 第15回 2年次以降の自らの学びの課題とテーマを検証する
【教育方法】
 ※ 毎回、なんらかの制作物を課題として提出してもらいます。
   履修した学生のみなさんと話し合って決めるつもりですが、
   文章であれば、1000字〜2000字程度
   映像、音声であれば、企画書と編集後の制作物といったものを想定しています。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題レポートの内容(30%程度)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題レポートへの内容(30%程度)
 (態度・志向性)
 授業参加・討議への参加(40%程度)
【必携図書】
 随時、紹介します。
【参考図書】
 随時、紹介します。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る