戻る

科 目 名  基礎演習T(国コミュ):安藤
担 当 者  安藤 勝洋
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
  大学での学習において必要となる自発的な学習態度を養成することを目的とする。資料収集の方法、レポートの作成、議論の仕方などを指導することによって論理的な思考能力を養う。また、国際コミュニケーションに関する諸問題を具体的に提示し、教員による問題提起や受講者どうしの話し合いを行うことによって、各自がどのような問題意識や見通しをもって大学で学ぶのかを、啓発する。話し合いや個別指導を効果的なものにするために、 学科教員が分担して5クラス開講する。
 
  学士力:「国際政策教養力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 意義のある大学生活にするためのノウハウを知識として習得する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポートの書き方とプレゼンテーションの仕方を身につける。
 (態度・志向性)
 大学での学びに何が必要かを考え、自発的な学びの姿勢が生まれる。
【授業内容】
 大学の4年間で必要となる考え方や技術について議論や実践を通じて身につける。
  1. 大学で学ぶということ
  2. 4年後の自分の姿を創造する(作業と発表)
  3. 4年後の自分の姿を創造する(ディスカッション)
  4. インターネットでの資料検索
  5.書籍から学ぶこと
  6. 書籍についてグループディスカッション
  7. レポートの書き方:レポートの型
  8. レポートを書き方:テーマ設定と構成づくり
  9.レポートの書き方:発表と
 10. レポートの書き方:評価
 11. プレゼンテーションとは?
 12. プレゼンテーションの準備
 13. プレゼンテーションの実施
 14. プレゼンテーションの評価
 15. まとめ
  *進度や内容は受講者の状況に応じて変更する場合があります。
 
【教育方法】
  授業はオンラインで同時双方向型(ライブ形式)で行います。
  「履修上の注意」も参照してください。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 ミニレポートにより評価(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポートにより評価(40%)
 (態度・志向性)
 授業への参加態度(20%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
  山梨県立大学 基礎演習研究会『学びの基礎を探る』
【履修上の注意】
  オンライン授業を行いますので、PCとインターネットに接続できることが必要です。Google Meetを使います。ブラウザもChromeをインストールしておいてください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 大学生活を有意義なものにするように、自ら学ぶ姿勢、仲間と学ぶ姿勢で参加してください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る