戻る

科 目 名  基礎演習T(総政):森田
担 当 者  森田 玉雪
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 大学での学習において必要となる自発的な学習態度を養成することを目的とする。資料収集の方法、報告要旨の書き方、発表の仕方、レポートの作成、議論の仕方などを指導することによって論理的な思考能力を養う。また、総合政策に関する諸問題を具体的に提示し、教員による問題提起や受講者どうしの話し合いを行うことによって、各自がどのような問題意識や見通しをもって大学で学ぶのかを、啓発する。話し合いや個別指導を効果的なものにするために、学科教員が分担して、5クラス開講する。
 
 学士力:「国際政策教養力」
【到達目標】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 社会において問題となっていることを自ら見つけ出し、その解決策を提案することができるようになる。
 自らの意見を他者に伝える技法を身に付ける。
 レポートの書き方を習得する。
【授業内容】
 (※日程は変更の可能性があります)
 
 第1回 全体説明会
 第2回 お互いを知る
 第3回 就職活動を見据えた大学生活(合同授業)
 第4回 レポートのテーマを選ぶ
 第5回 資料を収集する―図書館の利用
 第6回 問題の解決策を考える―ディスカッション
 第7回 レポートの書き方(合同授業)
 第8回 論点を見出す
 第9回 レポートを組み立てる
 第10回 アウトラインをつくる
 第11回 パラグラフ・ライティング
 第12回 参考文献の書き方
 第13回 レポートの相互評価
 第14回 報告とディスカッション1
 第15回 報告とディスカッション2
 
【教育方法】
 学生自身の課題への取り組みや発表などをベースに、学生相互および教員と学生の双方向のコミュニケーションを重視して進める。
 
 テーマを決めてからは、毎週各自がアウトラインを徐々にふくらませる形で報告し、ディスカッションや相互評価を経て、学期末にレポートを仕上げるようにする。
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業への関わり方、課題の提出状況等をあわせて総合的に評価する。
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 井下千似子『思考を鍛えるレポート・論文作成法』慶應義塾大学出版会
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 積極的に学び、自分で考える姿勢が重要です。授業中に必ず発言するように心掛けて下さい。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る