戻る

科 目 名  基礎演習T(総政):大西
担 当 者  大西 康雄
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 大学での学習において必要となる自発的な学習態度を養成することを目的とする。資料収集の方法、報告要旨の書き方、発表の仕方、レポートの作成、議論の仕方などを指導することによって論理的な思考能力を養う。また、総合政策に関する諸問題を具体的に提示し、教員による問題提起や受講者同士の話し合いを行うことによって、各自がどのような問題意識や見通しを持って大学で学ぶのかを啓発する。
 学士基盤力:「国際政策教養力」
【到達目標】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 (思考・技能・実践)
 論理的な思考や討論ができるようになる。レポート等論理的な文章を書けるようになる。
 (態度・志向性)
 積極的に発言できるようになる。
【授業内容】
 資料収集の仕方、報告要旨の書き方、レポートの作成の仕方を学ぶと共に、主にディベートを通じながら、総合政策に関わる課題への関心を深めてもらう。
 
 資料収集の仕方、報告要旨の書き方、レポートの作成の仕方を学ぶと共に、主にディベートを通じながら、総合政策に関わる課題への関心を深めてもらう。以下のスケジュールは昨年の例で、今年度は初回学生さんと相談しながら決める。
 1. ガイダンス
 2. ディベートの仕方
 3. 資料の探し方
 4. 論文の読解と要約
 5. レジュメの書き方
 6. ディベート(1)
 7. ディベート(2)
 8. レポートの書き方
 9. ディベート(3)
 10. ディベート(4)
 11. レポートの合評
 12. ディベート(5)
 13. ディベート(6)
 14. ディベート(7)
 15. まとめ
 ※授業の内容は、進行状況に応じて適宜変更することがある。
【教育方法】
 演習(ディベートを中心とする)
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 50%
 (態度・志向性)
 50%
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 藤田哲也編『大学基礎講座(改増版)』北大路書房
 望月和彦『ディベートのすすめ』有斐閣
【履修上の注意】
 初回にクラス分けおよび詳細な説明を行うので、必ず出席すること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る