戻る

科 目 名  観光ビジネス論
担 当 者  安藤 勝洋
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 現在の日本の観光戦略は、観光立国宣言以降、インバウンド誘致等による経済再生の施策として、また地域再生の切り札として期待されている。観光ビジネスの範囲は幅広く、旅行業、宿泊業、交通業、まちづくり事業、テーマパークなど多様である。本科目では、観光ビジネスのこれまでの歴史や経緯と、現代的な意味を理解し、様々な状況下で役立つ、柔軟な観光ビジネスの発想や視野を養うことを目的とする。
 
 学士力:「国際ビジネス・観光専門力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 観光ビジネスの概要を理解し、今日的な意味を説明できるようになる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 観光ビジネスの現状を理解し、そのビジョンや問題点等について、自身の見解をまとめることができる。
 (態度・志向性)
 学修を通じて、身近に生じている観光の問題について認識できる。
【授業内容】
 第1回:オリエンテーション(観光ビジネスの総論、講義の目的・内容)
 第2回:旅行業のビジネス
 第3回:インバウンド観光ビジネス
 第4回:観光ビジネスとマーケティング
 第5回:宿泊産業(ホテル、旅館、ゲストハウス等)
 第6回:宿泊産業(民泊ビジネスの現状と展望)
 第7回:交通と観光ビジネス
 第8回:航空業界のビジネス
 第9回:まちづくりと観光ビジネス
 第10回:DMOと地域経営(地域マーケティングの視点から)
 第11回:DMOと地域経営(地域財源の確保とビジネスの創造)
 第12回:レジャー産業、フード産業と観光ビジネス
 第13回:スポーツツーリズムと観光ビジネス
 第14回:新しいツーリズムの傾向と観光ビジネス
 第15回:まとめ
 
【教育方法】
 ・パワーポイントや映像を用いて講義形式で進める。
 ・履修生による関心分野のプレゼンテーションを行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末レポートによる評価(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題レポートによる評価(30%)
 履修生による関心分野のプレゼンテーションにより評価する。
 (態度・志向性)
 授業への参加状況、コメント票の記載内容(20%)
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 特になし
 
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 観光ビジネスについては、新聞、TV、インターネット上で、最新のニュースが流れます。日頃から興味をもって情報収集するようにしてください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る