戻る

科 目 名  アカデミックスキル演習U:箕浦
担 当 者  箕浦 一哉
開 講 期 集中 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
  地域政策等についての諸問題の探求をゼミ形式で進め,受講者による発表・受講者同士の話し合い・教員による問題提起を通じて,問題関心を深めるとともに調査研究の方法について学び,課題演習・卒業研究につながる基礎的能力と態度を養成することを目的とする。
 学士力:国際政策教養力
 
【到達目標】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 文献調査・レポート作成・研究発表を適切に実施することができる。
 (態度・志向性)
 主体的に学習し適切にコミュニケーションできる。
【授業内容】
 社会学的視点から地域社会について研究を行うための基礎を学びます。そのために調査プロジェクトを実施します。基礎知識を文献等で学んだ上で、フィールド調査を実施し、報告書を作成します。この作業を通じて研究の基礎スキルを身につけることを目指します。前期・後期を連続して履修することを原則とします。2019年度は「農山村地域への移住」をテーマとして移住者、農山村集落、行政担当者、移住支援者等への聞き取り調査を実施する予定です。
 1.イントロダクション
 2.調査プロジェクトの概要
 3.文献講読
 4.文献講読
 5.調査計画の検討
 6.基礎情報の調査
 7.基礎情報の調査
 8.調査の準備
 9.調査の実施
 10.調査結果の検討
 11.調査の準備
 12.調査の実施
 13.調査結果の検討
 14.調査結果の考察
 15.報告会の実施
 
【教育方法】
 ゼミ形式で授業を行う。また,学外に出て聞き取り調査を実施する。
【評価方法】
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ゼミでの発言・発表内容(40%),レポート(40%)
 (態度・志向性)
 ゼミでの発言・発表内容(20%)
【必携図書】
 授業中に適宜指示する。
【参考図書】
 授業中に適宜指示する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 楽しく学びましょう。  関連サイト

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る