戻る

科 目 名  アカデミックスキル演習T:兼清
担 当 者  兼清 慎一
開 講 期 集中 履修年次 2 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 メディアとコミュニケーション、広報、PRについて専門的な学びを深めることが目的です。
 また、3年次から始まる卒業研究の準備段階として、インタビュースキルや資料の調査などを習得することも目的とします。
 学士専門力:「国際政策教養力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 メディアとコミュニケーションの関係性を理解し、説明できる。
 広報とPRに関する基礎知識が身に付く。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 テキストを、批判的かつ多様に読み込めるようになる。
 多くの人に向けた文章を、そのターゲットとねらいに応じて書きわけることができる。
 (態度・志向性)
 他者の話や言説に、クールにあたたかく耳を傾けるようになる。
 モノを書く習慣と楽しさが身に付く。
【授業内容】
 ゼミは、3部構成です。
 @wtihコロナ/afterコロナの社会について、テキストを共有しながら一緒に考えます。
 A広報、PRに関する基礎知識の習得
 Bケーススタディ
 
 第1回:ガイダンス
 第2回:広報とは、PRとは。
 第3回:メディア環境と広報、PRの変容。
 第4回:広報・PRのケーススタディ
 第5回:広報・PRのケーススタディ
 第6回:広報・PRのケーススタディ
 第7回:広報・PRのケーススタディ
 第8回:広報・PRのケーススタディ
 第9回:広報・PRのケーススタディ
 第10回:広報・PRのケーススタディ
 第11回:プレゼン準備
 第12回:プレゼン準備
 第13回:プレゼン準備
 第14回:プレゼン準備
 第15回:最終発表
【教育方法】
 オンライン授業で行います。
 
 Google Classroomに参加してください。
 クラスコードは
 n2wjaax
 です。
 
 Classroomで
 レジュメや資料の共有、課題、レポート、プレゼンのやりとりをし、
 Meetで
 音声・動画のやりとりをします。
 
 木曜2限に開講します。
【評価方法】
 (知識・理解)
 課題、レポート、プレゼン(思考・判断・表現/思考・技能・実践と合わせて40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題、レポート、プレゼン(知識・理解と合わせて40%)
 (態度・志向性)
 ゼミへの参加姿勢・発言等の貢献度(60%)
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 オンライン授業で行います。
 
 Google Classroomに参加してください。
 クラスコードは
 n2wjaax
 です。
 
 Classroomで
 レジュメや資料の共有、課題、レポート、プレゼンのやりとりをし、
 Meetで
 音声・動画のやりとりをします。
 
 木曜2限に開講します。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 オンライン授業の環境が整わないなど、困ったことがあれば
 遠慮なく連絡をください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る