戻る

科 目 名  アカデミックスキル演習T:徐
担 当 者  徐 正根
開 講 期 集中 履修年次 2 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 事象を客観的にとらえ、かつ論理的に思考できるようにするための基礎をつくります。
【到達目標】
 (知識・理解)
 人文・社会科学に関連する基礎知識の習得。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 習得した知識を論理的に組み立て、自らの考えを構築すること。
 (態度・志向性)
 自らの考えと異なる考えをどのように受け止めて融合するかを試みること。
【授業内容】
 大きくは人間社会はなぜ存在し、また何をしているのか。小さくは個人の役割は何か、すべきことと出来ることは何か、というような問いを常に意識しながら授業を進めます。
【教育方法】
 本を読み、自分で調べ、そして授業では人と意見を交わすことによって自らの考え方を確認するようにします。授業形式はオンラインです。
【評価方法】
 (知識・理解)
 知識の習得20%、理解の程度20%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 思考の深さと判断の仕方20%、表現力20%
 (態度・志向性)
 上記に含まれる。
【必携図書】
 授業時に指示します。
【参考図書】
 授業時に指示します。
【履修上の注意】
 社会科学に興味がないと苦しいと思います。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 耳に入ってくる情報はどれだけ信憑性があるのか疑問を持ち、人の話を鵜呑みにしない人間になりたくない学生は受講しない方が良いでしょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る