戻る

科 目 名  アカデミックスキル演習T:安藤
担 当 者  安藤 勝洋
開 講 期 集中 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
 この演習は、3年次の国際政策課題演習に繋がる演習科目として、専門的な研究の基礎力を磨くことを目的とする。
 安藤ゼミでは、観光・まちづくりを主なテーマとし、国内外の都市部および農山村地域の振興や活性化について、専門書や関連論文等を輪読し、今後同分野における課題や方向性を議論し、思考力を養う。
 
  学士力:「国際政策教養力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 観光まちづくり分野の潮流を理解し、説明できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 観光まちづくり分野における、自らの興味の範囲を説明できるようになる。
 ワードファイルやパワーポイントを用いた意見発表ができるようになる。
 
 (態度・志向性)
 主体的に研究テーマや課題を発見できるようになる。
【授業内容】
 ゼミでは、国際的な視点からみた観光まちづくりについて、書籍、論文、英文記事、英文報告書等の輪読を行います。その範囲は、日本国内の事例、海外(特に東南アジア諸国)の国際協力による観光まちづくりや地域振興を対象とします。輪読書は、受講者の関心を重視し、受講者との相談により決定します。
【教育方法】
 アクティブ・ラーニング形式のゼミとします。
 書籍の輪読、論点の整理、発表を行い、議論します。受講者との相談により、学内の地域での調査等を行います。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 授業でのレポート、発表(50%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 授業での積極性・貢献度(10%)
 (態度・志向性)
 授業への参加態度(40%)
【必携図書】
 特になし。
【参考図書】
 授業中に適宜紹介します。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る