戻る

科 目 名  アカデミックスキル演習T:萩原
担 当 者  萩原 孝恵
開 講 期 集中 履修年次 2 必修選択別

選択必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語教育では、異文化に接する態度が求められます。このゼミでは、文化背景の異なるものどうしのコミュニケーションについて、1年かけて学んでいきます。各回のテーマは1つまたは2つで、エクササイズを通して、自己発見や気づきによる学びにつなげていきたいと思います。積極的な参加行動がコミュニケーションの理解につながります。異文化コミュニケーションとはなにか、まずはその問いを自分に投げかけてみましょう。
 学士専門力:「国際政策教養力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 @「異文化コミュニケ―ションとはなにか」について理解したことを自分なりに説明することができる。
 A「コミュニケーション・スタイル」について理解したことを自分なりに説明することができる。
 B「言語コミュニケーション」について理解したことを自分なりに説明することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 @「異文化コミュニケ―ション」に関する文献を引用したり関連する事例を挙げるなどして、自分自身の行動を客観的に記述することができる。
 A「コミュニケーション・スタイル」に関する文献を引用したり関連する事例を挙げるなどして、自分自身の行動を客観的に記述することができる。
 B「言語コミュニケーション」に関する文献を引用したり関連する事例を挙げるなどして、自分自身の行動を客観的に記述することができる。
 (態度・志向性)
 ・積極的に参加することができる。
  ‐他の人の意見に耳を傾けることができる。
  ‐質問することができる。
  ‐意見を述べることができる。
 
【授業内容】
 第1回目 第1章 1 新しい常識発見
 第2回目 第1章 2 ステレオタイプ
 第3回目 第1章 3 異文化理解への態度
 第4回目 第1章 4 文化とコミュニケーション (1)日本文化を紹介するなら (2)文化とは何か
 第5回目 第1章 4 文化とコミュニケーション (3)コミュニケーションの定義 
 第6回目 リフレクション@
 第7回目 第2章 1 コンテキスト 2 双方向コミュニケーション:ターンテーキング
 第8回目 第2章 3 自己開示
 第9回目 第2章 4 パラ言語
 第10回目 リフレクションA
 第11回目 第3章 1 ほめ方
 第12回目 第3章 2 叱り方
 第13回目 第3章 3 謝り方
 第14回目 第3章 4 自己紹介 5 誘い方と断り方
 第15回目 リフレクションB
    
【教育方法】
 【アクティブ・ラーニング】
 各回の授業は次のように進めます。
 1.今日のテーマ
 2.セルフ・チェック
 3.ステップアップ・エクササイズ
 4.ディスカッション
 5.まとめ
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 ノート提出(各回の概念の理解および説明) 30%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ノート提出(リフレクション) 30%
 (態度・志向性)
 授業参加度 30%
 振り返り  10%
 
【必携図書】
 『異文化コミュニケーションワークブック』(三修社、3,028円)
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ノートを1冊準備してください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 次のような人を歓迎します。
 ・日本語教育に興味関心のある人
 ・コミュニケーションに興味関心のある人
 ・遅刻・欠席をしない人
 ・積極的な参加行動ができる人

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る