戻る

科 目 名  地域実践演習U:兼清
担 当 者  兼清 慎一
開 講 期 集中 履修年次 2 必修選択別

選択必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域実践科目

 
【科目の目的】
 山梨を舞台にメディア制作活動を行い、人を結びつける場を作ることを目的とします。
 学士専門力:「国際政策教養力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 メディアの特性を理解する。
 コミュニケーションが成立する構造を理解する。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 表現に必要なハードウエアやソフトウエアを使う技能が身につく。
 メディアと表現方法を適切に結びつけることができる。
 メディア制作の過程で多様な表現方法が身につく。
 
 (態度・志向性)
 多様な表現方法に挑戦する姿勢が身につく。
【授業内容】
 毎週木曜5限のゼミに参加してください。
 活動内容は受講生と相談して決めます。
 現時点では、山梨の農業のPR活動や、山梨と海外の若者の交流プログラムの企画立案を想定しています。
 
 第1回 ガイダンスと討論(自分はどんなメディアを作りたいか)
 第2回 制作するメディアの企画・立案
 第3回 取材・制作実践/講評・討論
 第4回 取材・制作実践/講評・討論
 第5回 取材・制作実践/講評・討論
 第6回 取材・制作実践/講評・討論
 第7回 取材・制作実践/講評・討論
 第8回 取材・制作実践/講評・討論
 第9回 取材・制作実践/講評・討論
 第10回 取材・制作実践/講評・討論
 第11回 取材・制作実践/講評・討論
 第12回 取材・制作実践/講評・討論
 第13回 取材・制作実践/講評・討論
 第14回 取材・制作実践/講評・討論
 第15回 最終課題の講評
【教育方法】
 プロフェッショナルの講師の指導によるメディア制作の実践です。
 制作技法の解説と制作した作品の講評・分析というサイクルをまわしていきます。
 制作と発表の場は外部に求めていきます。
 
  http://www.kuwashimatsunaki.com
  http://kaibutsu.org
【評価方法】
 (知識・理解)
 制作物による評価(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 制作物による評価(30%)
 
 (態度・志向性)
 日々の制作に対する姿勢/授業への参加姿勢(40%)
 
【必携図書】
 必要に応じて紹介します。
【参考図書】
 必要に応じて紹介します。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 詳しくは、受講線のみなさんと相談して決めていきます。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る