戻る

科 目 名  地域実践演習T:任
担 当 者  任 君三
開 講 期 集中 履修年次 2 必修選択別

---

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 本演習の目的は、国際関係の基礎知識を学びながら、夏休み期間中に、海外大学生との交流を準備することである。今年度は、韓国の大学との交流を計画している。ゼミ生間の議論で、海外大学でのプレゼンテーションテーマを決めて、それらを準備、実行する。昨年度は、山梨観光をテーマにしてプレゼンを行った。
 コロナウィルスで、海外交流を行えない場合がある。その場合についてはゼミ生と対案を考えていく。
【到達目標】
 (知識・理解)
 国際関係の基礎知識を身につけることができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 国際交流に向けたプレゼンテーションを計画的に作成することができる。
 (態度・志向性)
 海外学生に向けて積極的にプレゼンテーションを行い、交流できる。
【授業内容】
 オリエンテーションで説明を行う。
【教育方法】
 国際関係の基礎については、提示した本などを読んで議論する。
 国際交流については、ゼミ生の間での議論を通じて目的とプレゼン内容を決めて行う。
 オンライン授業期間中にはZoomを使って行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 レポートとプレゼンを通じて基礎知識を図る。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 レポートを通じて、自分の意見をもっていて、それらを自分の言葉で表現できているかを判断する。
 (態度・志向性)
 プレゼンと交流への参加などを通じて評価する。
【必携図書】
 ---
【参考図書】
 授業中に提示する。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る