戻る

科 目 名  山梨の観光
担 当 者  野田 金男
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 山梨県を知り、山梨の観光についてのイメージを持ってもらうとともに、山梨県の代表的な観光地や物産等についての知識を深め、観光客に説明出来るようにする。
 また、観光とまちづくり等について学び、山梨の観光の現状と課題を考察する。
 
 学士専門力:「国際政策教養力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 山梨県の主要な観光地を観光客等に説明出来る。
 観光とまちづくりとの関係などの観光に関する、基本的概念や考え方について人に説明出来る。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 山梨県の観光の現状を知るとともに、その課題について考察出来る。
 (態度・志向性)
 観光業や観光政策の魅力を知り、関心を持つことが出来る。
 山梨県の魅力を自分の目で確かめ、自分の言葉で伝えることが出来る。
 
【授業内容】
 第1回 オリエンテーション
 第2回 観光概論
 第3回 山梨の主要観光地と観光資源@
 第4回 二つの城下町がある町
 第5回 山梨の歴史と文化
 第6回 身延山久遠寺と観光
 第7回 山梨の物産と土産品
 第8回 山梨の自然と観光
 第9回 観光カリスマが語る山梨の観光
 第10回 山梨の祭りとイベント
 第11回 山梨の主要観光地と観光資源A
 第12回 インバウンド観光の現状と課題
 第13回 世界文化遺産としての富士山
 第14回 甲府とりもつ隊と地域活性化
 第15回 まとめ・山梨の観光の現状と課題
 定期試験
 
 【授業外の学修】
 普段から観光関連のニュースや活動に関心を持ち、新聞等を読んでおくこと。
 参考図書に示した県のホームページや観光ネットを閲覧しておくこと。
 
【教育方法】
 パワーポイント等を用いて講義形式で進める。
 毎回コメント票を配布し、履修者の意見や質問に対して、次回以降の講義で紹介し意見交換を行う。
 ゲスト講師を招へいし、山梨の観光について多面的に講義を行う。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末レポート 40%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 コメント票の記載内容 30%
 (態度・志向性)
 授業参加、受講姿勢 30%
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 事前に閲覧しておいて欲しいホームページ
 山梨県観光部
 http://www.pref.yamanashi.jp/kankou/index.html
 富士の国やまなし観光ネット
 http://www.yamanashi-kankou.jp/
 
 その他は、授業時に紹介する
 
【履修上の注意】
 講義中は、質問や自分の考えを積極的に発言すること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 講義は、知識を丸暗記するものではない。
 自分の意見をまとめ、将来を考えるための基礎知識を得る場としたい。
 したがって事前の知識を問わないが、山梨県の現状に関心を持ってもらいたい。なお、講義に限らず、講義前後での質問・意見を歓迎する。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る