戻る

科 目 名  国際政策入門T
担 当 者  学部教員全員
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 この科目は、国際政策学部において、何をどう学んでいくかを理解するための導入科目である。国際政策入門T・Uを通して、3コース(地域マネジメント、国際ビジネス観光、国際コミュニケーション)を構成する6つの分野の基礎知識を学ぶ。分野毎の教員が専門分野の講義を行い、育成する人物像を示し、そのための教育手法や研究方法などについて講義する。
 学士力:「国際政策教養力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 各分野の基礎的な知識を理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 自分の問題意識を深め表現することができる。
 (態度・志向性)
 さまざまな分野の学修内容と結びつけながら自分の問題意識に向き合うことができる。
【授業内容】
 第1回 国際政策学部で何を学ぶか
 第2回 レポートの書き方と授業の受け方
 第3回 国際問題に対してどう自分の意見を持つか
 第4回 言語・コミュニケーション@:子供の言語習得から考える日英の類似 
 第5回 言語・コミュニケーションA:Aspects of Intercultural Communication 
 第6回 言語・コミュニケーションB:シリトリで知る日本語の特徴 
 第7回 言語・コミュニケーションC:日本語教育
 第8回 ビジネス分野@:国際政策学部での「法律学」の学び方
 第9回 ビジネス分野A:経営と金融の視角から見る世界と日本
 第10回 ビジネス分野B:実学としての会計学
 第11回 ビジネス分野C:日本企業の海外進出
 第12回 観光・メディア@:観光地域づくりの潮流と展望
 第13回 観光・メディアA:観光地の価値創造・ビジネス創造
 第14回 観光・メディアB:観光地域づくりとメディアの役割
 第15回 観光・メディアC:観光地域づくりの実践
 
【教育方法】
 ・スライド等による講義形式で進める。
 ・履修生は、3分野ごとの講義内容をレポートにまとめて提出する。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 分野ごとに1回ずつ計3回のレポートにより評価する。各レポートは1200字程度とし、分野ごとの講義内容のまとめと、自身の考察を記述する。3回のレポートで基準を満たしていた場合に単位を認定する(R評価)。
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 分野ごとのレポートの内容により、評価する。
 (態度・志向性)
 分野ごとのレポートの内容により、評価する。
【必携図書】
 特になし
【参考図書】
 特になし
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る