戻る

科 目 名  日本語教育実習
担 当 者  萩原 孝恵/西部 由佳
開 講 期 後期 履修年次 3 必修選択別

必修

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

実習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 日本語クラスを担当することのできる実践的な教育能力を身につける。
 学士専門力:
 ・国際コミュニケーション「能動的実践力」「国際コミュニケーション専門力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 教案を作成することができる。
 日本語の授業における導入や練習の指導技術を身に付け、実践することができる。
 教材の活用方法等を習得し、利用することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 模擬授業を通して自らの教育活動を内省し、改善に結びつける力を身に付ける。
 (態度・志向性)
 日本語教育を行うものとしての自覚を持ち、教師として学習者に誠意ある態度で接することができる。
【授業内容】
 講義と実習を交互に実施する。なお、受講者の人数によって模擬授業の回数等は変動する。また下記の授業時間以外に日本語教育機関見学が義務付けられている。
 
 第1回  オリエンテーション
 第2回  日本語の授業1:教案の書き方
 第3回  日本語の授業2:教案の書き方
 第4回  模擬授業準備
 第5回  模擬授業1
 第6回  模擬授業2
 第7回  模擬授業準備
 第8回  模擬授業3
 第9回  模擬授業4
 第10回 模擬授業準備
 第11回 模擬授業5
 第12回 模擬授業6
 第13回 教壇実習準備
 第14回 教壇実習1
 第15回 教壇実習2
【教育方法】
 〈実践教育〉
 教育実践のための実習を複数回行う。受講者はそのための計画、準備、および実習を行うとともに、他の受講者の授業を観察し評価を行う。これらと並行して、日本語教育機関の授業見学を行う。コース最終部分では、実際に外国人学習者(初級)に対して教壇実習を行う。
【評価方法】
 (知識・理解)
 見学レポート(20%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 模擬授業(30%)
 教壇実習(20%)
 (態度・志向性)
 授業参加度(30%)
【必携図書】
 スリーエーネットワーク編著『みんなの日本語 初級T 第2版 本冊』(スリーエーネットワーク、2,500円+税)
【参考図書】
 大森雅美・鴻野豊子『授業の作り方Q&A 78編』(アルク、2,000円+税)
 河野俊之『Teach Japanese 日本語を教えよう』【第2版】(凡人社)
 河野俊之・小河原義朗『日本語教師のための「授業力」を磨く30のテーマ。』(アルク)
 このほか、図書館にある各種教材・教具
【履修上の注意】
 ・履修を希望する人は、それまでに「日本語教育概論」「日本語教育方法論」「日本語教材研究」の単位を取得していなければなりません。
 ・2クラス同時開講です。内容も同じです。
 ・科目の性格上、どちらかのクラスに偏りが出ないよう、1回目のクラスで調整しますので、必ず出席してください。
 ・この授業は実習科目です。遅刻・欠席は厳禁です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・具体的な教授技術を身に付けるための授業なので、講義時間帯以外に実習の準備等の時間が必要になります。
 ・講義時間以外に市内の日本語学校に見学に行ってもらいます。
 ・実習後にフィードバック行います。実習日の昼休みはあけておいてください。このフィードバックがとても重要な学びとなります。
 ・日本語教育実習では、日本語教師の卵として教育実習を行ってもらいます。教師としての自覚をしっかりと持って、授業に臨んでください。
 ・遅刻・欠席は厳禁です。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る