戻る

科 目 名  日本語D
担 当 者  原田かおり
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

留学生対象選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 外国人留学生を対象に、大学で学ぶために必要なアカデミックジャパニーズの習得を目的とする。日本語でのプレゼンテーション能力と、相互理解力を育成する。
 
 学士基盤力:「自然・社会・文化理解」「想像力・表現力」「自己学修力」「地域・国際コメットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 様々な国籍の人と文化の紹介を通し、お互いを理解する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 プレゼンテーションの基礎を身につけ、スキルを使って発表ができる。
 (態度・志向性)
 各回の授業参加および授業姿勢
【授業内容】
 以下の項目について学び、プレゼンテーションのための基本的な技術を身につける。
 第 1回 オリエンテーション、プレゼンテーションの基礎、
 第 2回 プレゼンテーションに必要な表現@数字を使った表現
 第 3回 プレゼンテーションに必要な表現A図表の説明に必要な表現
 第 4回 プレゼンテーションに必要な表現B比較・引用の表現、接続の表現と指示のことば
 第 5回 スライドの作り方
 第 6回 自分の国・地域の発表に必要な語彙や表現を学ぶ
 第 7回 自分の国・地域の発表のための作文を書き、発表の構成を理解する
 第 8回 発表の実践
 第 9回 発表の振り返り
 第10回 資料に基づいて発表全体の流れを知り、発表に必要な表現を学ぶ
 第11回 適切な表現を使って発表する
 第12回 発表の振り返り
 第13回 資料に基づいて発表をする際の背景説明、問題提起、方向付けの表現を学ぶ
 第14回 発表の実践
 第15回 発表の振り返り
 *受講者の状況によって進度を調整することがあります。
 
 【授業外の学修】授業であつかった語彙や表現は覚えてくること。プレゼンテーション時にはPPT資料と原稿を提出すること。
 
【教育方法】
 プレゼンテーションの実践を通し、授業内で学んだ文法・表現等の定着を確認する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 プレゼンテーションの課題資料、リアクションペーパー(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 プレゼンテーション、質疑応答(30%)
 (態度・志向性)
 平常点(30%)
【必携図書】
 なし
【参考図書】
 『最初の一歩から始める日本語学習者と日本人学生のための:アカデミックプレゼンテーション入門』ひつじ書房.(本体2,200円)
 
 『アカデミック・スキルを身につける 聴解・発表ワークブック』スリーエーネットワーク.(本体2,500円)
 
 
【履修上の注意】
 授業では口頭でプレゼンテーションに必要な表現を練習します。積極的に参加してください。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 多文化の中で自分の文化や意見を紹介し、お互いの理解を深めていきましょう。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る