戻る

科 目 名  日本語A
担 当 者  原田かおり
開 講 期 後期 履修年次 1 必修選択別

留学生対象選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 外国人留学生を対象に、初級文法を体系的に復習しながら中・上級レベルへの橋渡しを目的とする。
 
 学士基盤力:「自然・社会・文化理解」「想像力・表現力」「自己学修力」「地域・国際コメットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 語彙や文型を正確に使うことができる。聞いたことを正確に表記することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 本文の内容をまとめることができる。テーマにそって事実を述べたり、自分の感想をまとめて書いたりすることができる。
 (態度・志向性)
 各回の授業参加および授業姿勢
【授業内容】
 第 1回 オリエンテーション、色@キーワードの確認A本文理解と整理
 第 2回 色B文型練習C聴解練習D作文の発表
 第 3回 ユーモア・ジョーク@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習
 第 4回 ユーモア・ジョークB文型練習C聴解練習D作文の発表
 第 5回 制服@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習
 第 6回 制服B文型練習C聴解練習D作文の発表
 第 7回 算数@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習
 第 8回 算数B文型練習C聴解練習D作文の発表
 第 9回 遊びと運動@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習C聴解練習
 第10回 お金@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習C聴解練習
 第11回 水@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習C聴解練習
 第12回 遺伝@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習C聴解練習
 第13回 漫画・アニメ・本@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習C聴解練習
 第14回 ヒトと動物@キーワードの確認A本文理解と整理B文型練習C聴解練習
 第15回 ふりかえり
 *受講者の状況によって進度を調整することがあります。
 
 【授業外の学修】各課のテーマにそって作文を書くこと。関連読み物の大意を把握すること。
 
【教育方法】
 各回のテーマに使われる表現文型を学ぶ。情報を読んだり聞いたりし、それをもとに自分の意見を述べたり書いたりする。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(30%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題(30%)、小テスト(10%)
 (態度・志向性)
 平常点(30%)
【必携図書】
 『中級を学ぼう 日本語の文型と表現82中級中期』スリーエーネットワーク.(本体2,400円)
【参考図書】
 なし
【履修上の注意】
 中級レベルの力を養成するためのクラスです。定期試験を受けるためには授業時間数の3分の2(10回)以上の出席が必要です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 学んだことを理解し、発信力を身につけながら日本語運用能力を高めてください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る