戻る

科 目 名  アカデミック・ジャパニーズ(Writing)
担 当 者  原田かおり
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

留学生対象選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 外国人留学生を対象に、アカデミック・ジャパニーズの習得を目的とする。大学で授業を受ける上での書く力、ノートを取る力を養成する。
 
 学士基盤力:「自然・社会・文化理解」「想像力・表現力」「自己学修力」「地域・国際コメットメント力」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 大学生活を送る上で必要なライティングの基礎を身につける。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 大学のレポートが書けるようになる。
 (態度・志向性)
 各回の授業参加および授業姿勢
【授業内容】
 以下の項目について学び、留学生活に必要な書く力を身につける。
 第 1回 オリエンテーション、表記のしかた
 第 2回 文章の種類と分類、書き言葉の文体
 第 3回 モードチェンジ 話し言葉から書き言葉への切り替え
 第 4回 正しい文の構造@主語と述語の関係、修飾する言葉と修飾される言葉の関係
 第 5回 正しい文の構造A文末の制限、簡潔な文を書く
 第 6回 文のつながり@指示語の使い方
 第 7回 文のつながりA接続詞の使い方
 第 8回 小論文によく使われる表現@客観性のある文章にするための文末表現
 第 9回 小論文によく使われる表現A助詞のような働きをする言葉
 第10回 段落
 第11回 要約文を書く
 第12回 説明文を書く
 第13回 意見文を書く
 第14回 事実を示す方法
 第15回 小論文のはじめとおわり
 *受講者の状況によって進度を調整することがあります。
 
 【授業外の学修】授業であつかった語彙や表現は覚えてくること。各課の課題を提出すること。
 
【教育方法】
 課題を設定し、事実を書いて伝えることができるように練習する。事実と意見を区別して書く練習をする。
【評価方法】
 (知識・理解)
 定期試験(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 課題(30%)
 (態度・志向性)
 平常点(30%)
【必携図書】
 『小論文への12のステップ』スリーエーネットワーク.(本体1,600円)
【参考図書】
 『アカデミック・ライティングのためのパラフレーズ演習』スリーエーネットワーク.(本体1,600円)
【履修上の注意】
 上級レベルの力を養成するためのクラスです。N2レベル以上の力を持つ履修者を対象とします。初回の授業に証明書を持参してください。証明書がない場合は同様の試験を行います。定期試験を受けるためには授業時間数の3分の2(10回)以上の出席が必要です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 この授業は、大学の授業で必要となるレポートを書く力をつけるための準備クラスです。正規留学生はこの授業を積極的に活用してください。

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る