戻る

科 目 名  行政学
担 当 者  申 龍徹
開 講 期 前期 履修年次 必修選択別

RM必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 ・現代社会における行政活動を理解する上で必要な体系的な知識の習得を目指し、行政学の主な関心領域である「制度」・「政策」・「管理」の側面から学んで行く。行政学の基礎的な知識の習得を目指しながら、地域の行政課題について、Problem Based Learningの観点から議論する。行政官による事例報告を行い、受講者と意見交換する。
 
 ・学士専門力 : 地域マネジメント基礎力
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・行政学の基礎知識や関連する用語・概念を理解することができる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・行政学に関する基本知識を習得し、公共活動に携わる公共人材として必要な基礎能力を身につけることができる。
 
 
 (態度・志向性)
 ・公共政策の形成に携わる人材を目指して努力するとともに、地域社会の一員としての自覚をもって政策課題について理解し、解決に向けて努力する。
【授業内容】
  (1)イントロダクション:行政学への招待
  (2)行政学の理論形成(官房学と米国行政学)
  (3)行政サービスの範囲(福祉国家の形成)
  (4)現代国家の政府体系(中央集権と地方分権)
  (5)行政官僚制の組織構成(行政組織理論)
  (6)官僚制理論の展開(順機能と逆機能)
  (7)公務員制度の形成と人的資源管理
  (8)行政官僚制の行動様式(忠誠と反逆)
  (9)政官関係論(議院内閣制と省庁制)
  (10)政策過程と意思決定システム(稟議制の特徴)
  (11)環境変化と政策形成の関係(規制緩和、新しい公共)
  (12)政府間関係の形成と課題(ガバナンス論の浸透)
  (13)行政管理と行政改革(New Public Managementの功罪)
  (14)行政統制と行政責任(アカウンタビリティの浸透)
  (15)総括(質疑応答)
 
  (注)現職の行政職員(県・市)による政策課題の事例報告と意見交換を行う(回未定)
 
 
 
 【授業外の学習】
 
 ・事前学習について・・・・・各回の講義テーマについて、webやマスコミなどを利用して検索ないしニュースを視聴すること。特に、時事的なテーマに関しては、関心を持ってノート整理を行い、講義中に活用すること。
 
 ・事後学習について・・・・・図書館の資料を活用し、講義で扱ったテーマや内容をより自発的に調べ、理解すること。特に、用語や概念については、専門辞書や専門書を確認して、ノート整理を行い、レポートの作成等に活用すること。
 
 
【教育方法】
 ・パワーポイントによる講義
 
 ・ゲストスピーカによる地域政策課題についての特別講義
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・行政学の基礎的な用語を知っており、使い分けることができる(筆記試験、20%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・地域社会が抱えている政策課題を取り上げ、調査・分析・対案を示したレポートが作成できる(課題レポート、30%)
 
 (態度・志向性)
 ・講義への出席及び参加度(参加度、50%)
 
【必携図書】
 ・ホーンブック基礎行政学(今村・武藤ほか、北樹出版、2006)
【参考図書】
 ・ほかは、必要に応じて、講義の中で参考資料を配布・紹介する。
【履修上の注意】
 ・学習効果向上のために関連する科目(公共政策論、公共人材論など)とあわせて受講すること。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ・毎回、コメント票を配布しますので、質問や関心事など自由に質問してください。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る