戻る

科 目 名  英語学概論
担 当 者  宇佐美 文雄
開 講 期 前期 履修年次 1 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英語学の中核的な分野における考え方、知見、用語を学生が学び、基礎的な分析がおこなえるようにする。
 学士専門力:「外国語」
 
【到達目標】
 (知識・理解)
 英語学の知見を理解できる
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 英語学の考え方、知識、用語を用いて、基礎的な分析ができる。
【授業内容】
 遠隔授業(非同時双方向型)で実施します
 第1回:Google classroomオリエンテーション、授業の説明、自己紹介
 第2回:文の構造、句の構造 pp.9-16
 第3回:Xバー理論 pp.16-27
 第4回:節の構造、複文の構造 pp.27-34
 第5回 : 抽象的な構造 pp.35-39
 第6回:文法操作の性質 pp.39-49
 第7回:島の制約 pp.49-54
 第8回:助動詞の振る舞い pp.55-63
 第9回:語の構成要素 pp.65-69
 第10回:派生 pp.69-76
 第11回:複合 pp.76-85
 第12回:意味の成分分析、動詞の成分分析 pp.119-126
 第13回:意味役割 pp.127-134
 (第14回:照応形の解釈 pp.134-140)
 (第15回:照応形の解釈 pp.134-140)
 
 【授業外の学修】
 (授業前)(1)教科書本文を理解する、(2)テーマごとの練習問題を解く、(3)理解できない箇所をClassroomのストリームで質問する準備をしておく
 (授業後)課題を提出する
 
【教育方法】
 自宅学習(問題練習)により、学生自身が分析できるようにする。
【評価方法】
 (知識・理解)
 プラス(思考・技能・実践)
 74%:課題提出
 
 (態度・志向性)
 26%:Classroomのストリームへの積極的参加
【必携図書】
 中島平三著
 『ファンダメンタル英語学』(ひつじ書房)
 978-4-89476-575-7 1,400円
 
【参考図書】
 ---
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 現段階で、担当教員はGoogle classroomの操作に不慣れ

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る