戻る

科 目 名  時事英語2
担 当 者  黒羽 雅子
開 講 期 後期 履修年次 2 必修選択別

選択

単 位 数

1

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 英語という言語で語られる、時事問題に対する理解を深めることを科目の目的とします。そのために、メディアで使用される英語構文や語彙を習得し、英字新聞や英文雑誌の記事を読みこなせるようなることを目指します。取り上げられるトピックスに関する議論やプレゼンテーションを通じて、自己の意見を発表できる力をつけていくことも目指します。そうした作業を通じて、日本国外の人々のものの見方や考え方を知り、国際問題に対する自分なりの考え方の形成の一助とします。
 
 学士専門力:外国語活用能力
【到達目標】
 (知識・理解)
 英文で書かれた新聞や雑誌等の時事問題の読み方や周辺知識を習得する。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 英文で書かれた新聞や雑誌等の時事問題について、その背景等について理解を示すことができる。
 (態度・志向性)
 英文で書かれた新聞や雑誌等の時事問題の読解を通じて、自らの国内外の問題に対する自らの意見を形成し、発表できる。
 
【授業内容】
 第1回 オリエンテーション:全体の進め方、ミニテストとプレゼンテーションについての説明
  詳細スケジュールの説明
 第2回 Chapter 1【国内政治】記事の読解, Exercise 1, oral reading.
 第3回 Chapter 1 Exercise 2, The World of English Journalism.
 第4回 Chapter 3【経済・ビジネス】記事の読解 Exercise 1 mini test chapter 1
 第5回 Chapter 3 Exercise 2, The World of English Journalism.
  Oral reading performance G 1
 第6回 Chapter 4【外交・国際会議】記事の読解 Exercise 1 mini test chapter 3
 第7回 Chapter 4 Exercise 2, The World of English Journalism.
 Oral reading performance G 2
 第8回 Chapter 5【軍事】 記事の読解 Exercise 1 mini test chapter 4
 第9回 Chapter 5 Exercise 2, The World of English Journalism.
 Oral reading performance G 3
 第10回 Chapter 7【文化・社会】記事の読解 Exercise 1 mini test chapter 5
 第11回 Chapter 7 Exercise 2, The World of English Journalism.
 Oral reading performance G 2
 第12回 Chapter 10【地球環境】記事の読解 Exercise 1 mini test chapter 7
 第13回 Chapter 10 Exercise 2, The World of English Journalism.
 Oral reading performance G 3
 第14回 Chapter 12【人口・所得格差問題】記事の読解 Exercise 1 mini test chapter 10
 第15回 Chapter 12 Exercise 2, The World of English Journalism.
 Oral reading performance G 1
 
 【授業外の学修】
 各章のニューストピックスについて事前に読み、疑問をもって授業に臨むこと。奇数回の授業では当該章に関するミニテストを実施するので、章の復習を丹念にしておくこと。
 
 
【教育方法】
 1章分を1-2回に分けて修得します。教科書のトピックスについての周辺知識についても理解を深めます。各省終了後、トピックスの理解の度合いを問題演習とリスニング演習を通じて確認します。答案用紙は毎回提出してもらい、次回返却します。テキストの音読も提出してもらいますので、自宅学習は重要です。
 また、英文で時事問題に関する自分の考えをまとめ、発表してもらいます。
 終了までに、英文記事の読解力とニュースのリスニング力を着実に付けてもらいます。
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 小テスト30%、期末テスト30%
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 プレゼンテーション30%
 (態度・志向性)
 毎回の授業への準備状況、受講態度10%
【必携図書】
 堀江洋文ほか編『時事英語の総合演習−2019年度版−』朝日出版社、2019年。1600円(税抜き)。
 できるだけ第1回目の授業から持参してください。第2回目の授業からは特別の事情がない限り、教科書を持参していない場合の受講はできません。
 
【参考図書】
 英字新聞のJapan Times、Financial Times。
  語学雑誌『イングリッシュ・ジャーナル』『アエラ・イングリッシュ』『CNN English Express』等。(上記の新聞・雑誌は図書館に配備されています。)
 また、リスニングの力をつけるには以下のWebサイトも役に立ちます(ぜひ、heavy userになることをお勧めします)。
 ・VOA - Voice of America English News
 ・NHKワールドTV  関連サイト
【履修上の注意】
 CALL教室を使います。機器利用の関係上、遅刻すると授業が成立しませんので注意してください。 また、教科書を携帯していない場合は基本的に受講を認めません。第2回の授業以降は必ず教科書をもって授業に望んでください。
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 火曜日2限、4限
  事前にお申込みいただければ、オフィスアワー以外にも相談に対応します。
 
 注意:できるだけ第1回目の授業から必携テキストを持参してください。第2回目の授業からは特別の事情がない限り、必携テキストを持参していない場合の受講はできません。
 

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る