戻る

科 目 名  国際政策キャリア形成
担 当 者  佐藤文昭・杉山歩・兼清慎一
開 講 期 集中 履修年次 新3年生 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

演習

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 本講座は、民間企業や公務員、起業など、幅広い働き方を選択肢として持つ学生を対象に、社会人へのキャリアデザインや、将来のライフデザインを考えるための講座として開講します。より中長期的なライブビジョンをイメージしながら、その中で自分が目指すべき働き方や暮らし方についての問いを深めながら、それを実現するための就職活動に向けて、どのような準備をしたら良いのかを考えます。
 なお、本科目は今年度就職活動を控える3年生以上を対象とした内容です。
 
 これまでの学修の成果を自身のキャリア形成に活かすための基盤形成を行う。
 実践的なプログラムを通じて、自分自身の内面と向き合い、今後のキャリアパスについて内発的に行動への足がかりとする。
 
 学士専門力:「地域マネジメント専門力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 ・自らのライフビジョンを明確化し、それを通じて自分の価値観を知ることができる。
 ・大学生活を振り返り、自らの強みや将来の方向性について知ることができる。
 ・キャリア形成に向けた多様な手段を理解できる。
 
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・レポート及びプレゼンテーションを通じて、自分の将来について伝えることができる。
 ・就職という視点から、社会を多面的に捉えることができる。
 ・自らの強みや将来の働き方・暮らし方について、自信を持って自己PRをすることができる。
 
 (態度・志向性)
 ・社会や自らの将来に対して、真摯に向き合うことができる。
 ・将来の仕事やに対する旺盛な好奇心を持つことができる。
 
【授業内容】
  講義、演習及び成果発表により構成される。授業は数回を一括りとして、定期的に開講する。
 
 〇5月開講予定
 第1回 オリエンテーション
  本科目の目標及びスケジュールについて説明する。自己紹介等
 第2回 ライフデザイン入門
  10年後の自分の暮らし方、働き方をイメージすることから、自分にとって大切な価値観を探る。
 第3回 キャリアデザイン入門1
  自分の強みを知ることで、発揮したい自分の価値を知る。
 第4回 キャリアデザイン入門2
  今取り組むべきことを考え、1年間の目標を設定する。
  あわせて、インターンシップ先等について検討する。 (キャリアに関するゲスト講師有り)
 
 (この間、目標設定に基づいて個人面談を実施)
 
 〇7月開講予定
 第5回 キャリアデザイン実践1
  自分が目指すべき働き方を体験するための心構えなどにつて考える。
 第6回 キャリアデザイン実践2
  自分が目指すべき働き方を体験するための心構えなどにつて考える。
 
 
 
 〇10月開講予定
 第7回 キャリアデザイン実践3
  Onedayフューチャーサーチを通じて得られたことを共有する。
 第8回 キャリアデザイン実践4
  改めて自分が目指すべき働き方や就きたい仕事について考える。
 第9回 自己のキャリア
  実際の就職活動について学ぶ。(業界研究セミナー等の開催)
 
 〇12月開講予定
 第10回 自己PRを考える
  プロジェクトの進捗状況を共有し、直面する課題の解決に向けた検討を行う。
 第11回 プレゼンテーション実践1
  表現指導を行う。
 
 〇1月開催予定
 第12回 プレゼンテーション実践2
  表現指導を行う。
 第13回 プレゼンテーション1
  合同ジブン説明会において、自己PRについて内容を深める。
 第14回 プレゼンテーション2
  合同ジブン説明会において、自己PRを行う。
 第15回 振り返り
  自己PRの結果を踏まえて振り返りを行うとともに、今後の就活に向けた心構えについて考える。
  山梨県立大学キャリアサポートセンター
  山梨県立大学、地(知)の拠点事業
  山梨県立大学、地域研究交流センター
【教育方法】
 本科目は、学生が主体的に学ぶアクティブ・ラーニング科目である。
 教員またはゲスト講師が、各自がライフデザイン・キャリアデザインを考える上でのフレームを提供し、それに基づいて、学生個人またはグループにより検討を進める。
 また、適宜個別面談等を行うことを通じて、個々の学生のキャリアデザインを支援する(キャリアサポートセンターとの連携を想定)。
 
 
 
【評価方法】
 (知識・理解)
 ・課題レポート(40%)
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 ・プレゼンテーション(30%)
 
 (態度・志向性)
 ・プロジェクトへの主体的な関与など(30%)
 
【必携図書】
 なし
【参考図書】
 『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』、
 リンダ・グラットン
 『LIFE SHIFT―100年時代の人生戦略』、リンダ・グラットン他
 
 
 
【履修上の注意】
 【履修上の注意】
 ・本講座は、5,7,10,12,1月にわたり、集中講義として行う。
  開講時期についてはイベントの開催日以外は受講生と相談して決定する。(平日を想定)
 
 【過去の活動状況】
  平成30年度の「やまなし合同ジブン説明会」の発表は、未来計画研究社WEBサイトを参照。
 http://miraiken.yamanashi.jp/mirai/
 
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る