戻る

科 目 名  社会調査法
担 当 者  箕浦 一哉
開 講 期 後期 履修年次 2・3 必修選択別

新:RM必修,旧:選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域関連科目

 
【科目の目的】
 地域マネジメントを実証的に研究するための方法の一つとして、社会学における量的調査(質問紙調査)・質的調査(聞き取り調査)を中心とした社会調査の方法を学ぶ。
 学士力:国際政策教養力
【到達目標】
 (知識・理解)
 (知識・理解)
 社会調査の意義と方法の概要を説明することができる。
 自分の問題関心に基づいて社会調査の方法を選択できる。
【授業内容】
 1.社会調査とは何か
 2.量的社会調査の方法(1)サンプリング
 3.量的社会調査の方法(2)ワーディング
 4.量的社会調査の方法(3)実施
 5.量的社会調査の方法(4)集計と分析
 6.質的社会調査の方法(1)手法と対象
 7.質的社会調査の方法(2)実施
 8.質的社会調査の方法(3)フィールドノート
 9.質的社会調査の方法(4)分析とアウトプット
 10.地域を調べる(1)統計・地図
 11.地域を調べる(2)文献・資料
 12.地域を調べる(3)社会組織
 13.調査と認識(1)エスノグラフィーに学ぶ
 14.調査と認識(2)他者の合理性の理解
 15.ふりかえりとまとめ
 
【教育方法】
 講義形式で実施する。
【評価方法】
 (知識・理解)
 期末レポートおよびミニレポートによる(100%)
【必携図書】
 大谷信介・木下栄二・後藤範章・小松洋『新・社会調査へのアプローチ』(ミネルヴァ書房、2013)
【参考図書】
 岸政彦・石岡丈昇・丸山里美『質的社会調査の方法』(有斐閣、2016)
 谷富夫・芦田徹郎編著『よくわかる質的社会調査 技法編』(ミネルヴァ書房、2009)
 佐藤郁哉『フィールドワーク 増訂版』(新曜社、2006)
 盛山和夫『社会調査法入門』(有斐閣、2004)
【履修上の注意】
 地域マネジメントコースは必修です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ホームページでも情報を掲載します。  関連サイト

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る