戻る

科 目 名  文化とコミュニケーション
担 当 者  兼清 慎一
開 講 期 後期 履修年次 1,2,3,4 必修選択別

選択、IC必修

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

---

 
【科目の目的】
 異文化について、多様性という観点から、一定の根拠を持って自分の意見を表明できるようにすることを目的とします。
 テーマ@:異文化を伝えるメディアの構造を理解すること。
 テーマA:学びの姿勢として、能動的実践(意見表明、スピーチ)と批判的記述(議論とレポート執筆)を体得すること。
 学士専門力:「国際政策教養力」
【到達目標】
 (知識・理解)
 自分と他者との違いを感じ取り、理解できる。
 無知の自覚と他者への敬意の重要性を理解できる。
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 他者とのコミュニケーションの中で生じた違和感を言葉で表現することができる。
 
 (態度・志向性)
 他者への敬意を示す。
 未知への好奇心と無知の自覚を持ち、読書と議論を楽しむ。
【授業内容】
 ※ 反転学習方式で行います。毎回、参考資料に基づくレポートを提出してもらいます。
 ※ 留学生の参加状況により、一部変動がある可能性があります。
 
 第1回:異文化コミュニケーションの体験を書き、共有する。
 第2回:自分の生活体験から考える@〜多様性とは
 第3回:自分の生活体験から考えるA〜多様性と同調圧力
 第4回:自分の生活体験から考えるB〜つながりの強さと弱さ
 第5回:メディアの中の異文化を読み解く@〜ステレオタイプ
 第6回:メディアの中の異文化を読み解くA〜議題設定機能
 第7回:メディアの中の異文化を読み解くB〜post truth、fake news
 第8回:メディアの中の異文化を読み解くC〜英語の支配力
 第9回:メディアの中の異文化を読み解くD〜非英語圏の情報をどう得るか
 第10回:韓国に対するイメージについて考える〜日韓共同世論調査と韓国からの留学生との交流
 第11回:中国に対するイメージについて考える〜日中共同世論調査と中国からの留学生との交流
 第12回:インドネシアの文化について考える〜イスラム文化とインドネシアからの留学生との交流
 第13回:タイの文化について考える〜仏教文化とタイからの留学生との交流
 第14回:メディアが伝える異文化と留学生との交流から知る異文化の比較
 第15回:異文化コミュニケーションとはどういうものか〜課題の発表・講評
【教育方法】
 毎回、課題として、レポートを提出してもらいます。
【評価方法】
 (知識・理解)
 最終課題(30%程度)
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 毎回の課題レポート(30%)
 (態度・志向性)
 出席・授業への参加(40%程度)
【必携図書】
 教科書は使用しません。
【参考図書】
 「世論」W.リップマン、掛川トミ子訳、岩波書店
 「イスラム報道」エドワード・W・サイード、浅井信雄/佐藤成文訳、みすず書房
 「ネットワーク組織論」今井賢一/金子郁容、岩波書店
 「先生はえらい」内田樹、筑摩書房
 「他者と死者―ラカンによるレヴィナス」内田樹、文藝春秋
 ほか
【履修上の注意】
 3分の2以上出席しなければ、単位が認められません。
 「国際コミュニケーションコース」を選択する人は、必修科目です。
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
 ---

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る