戻る

科 目 名  山梨の政策課題
担 当 者  安達 義通
開 講 期 前期 履修年次 3 必修選択別

選択

単 位 数

2

時 間 数

30

授業形式

講義

カテゴリ

地域課題科目

 
【科目の目的】
  山梨が抱える様々な政策課題について、多面的かつ総合的に学んでいくことを目的とします。特に、現場の問題意識、現場感覚、理論と現場のずれ、具体的な取り組み状況等、プラクティカルな知識を得ることを目的とします。
 
 学士力:地域マネジメント専門力
【到達目標】
 (知識・理解)
 山梨県にどんな課題があり、解決のためにどんな政策を実施しているか理解することができる。
 
 (思考・判断・表現/思考・技能・実践)
 それらの政策が適切かどうか判断することができる。
 
 (態度・志向性)
 外部講師(企業人)へ公共心を持って接することができる。
 
 
 
【授業内容】
 1. イントロダクション
 2. 甲府市の魅力を発信する
 3. フットパスで地域の魅力を味わう
 4. 山梨の景観づくり
 5. 空き家問題とリノベーション
 6. 地域の歴史・文化の価値をどう活かすか
 7. 織物の魅力と価値を高める
 8. 甲府の街とアート
 9. 女性の仕事と地域社会を考える
 10. 子育てと地域社会
 11. 山梨の農業・農村と政策課題
 12. 直売所を拠点とした地域づくり
 13. 若者のフィールドとしての農村
 14. 地域政策としての農業・農村
 15. ふりかえりとまとめ
  
  注)以上の内容・項目・順番は変更することがある
【教育方法】
 第2回から第14回はゲスト講師による講義です。
 学生には毎回、講義内容の「要約」と「意見」を書いてもらいます。
【評価方法】
 (知識・理解)
 各回のレポート70%
 (態度・志向性)
 授業態度30%
【必携図書】
 特に指定しません。
【参考図書】
 特になし。
【履修上の注意】
 ---
【過去の活動状況】
 ---
【学生へのメッセージ】
  民間の方、政策現場で活躍しておられる行政担当者等に講義をしていただきますが、講師の話をただ聞くだけでなく、そこで示される様々な課題について主体的に考え、質疑・討論を積極的に行ってください。  関連サイト

Copyright Yamanashi Prefectural University. All rights reserved.

戻る